UNKNWON KYOTO

Bookingご予約

「別館シングルルーム」にマンスリー滞在できるようになりました(9月末まで満室)

2022年5月19日追記:
〜9月末まで満室になりました。10月以降の募集は7月下旬頃に予定しています。

こんにちは! 元遊郭建築をリノベーションした、コワーキングのあるホステルUNKNOWN KYOTOです。
このたび2022年6月より、新しく滞在できるお部屋が増えます。その名も「別館シングルルーム」。月55,000円で滞在することができます。初期費用やクリーニング代などはかかりません

こちらはUNKNOWN KYOTOの2軒隣にある別館・本池中の中にあります。本館からは完全に独立しているので、特に静かにお過ごしいただけます。

まずは別館・本池中について説明させてください。こちらも元遊郭・お茶屋さん建築です。UNKNOWN KYOTOと違うのは大きな改装を入れず、昔のままのすばらしい姿をほぼそのまま残していること。だからといって古びれた様子はありません。


入り口からまず、ただものではない雰囲気。


のれんをくぐると、まずこのような小さなスペースがあります。


このような艶っぽさを感じる玄関も、元お茶屋さん建築ならでは。


階段を登ると、


気品のある廊下が見えてきます。ここに小さなお部屋が数室あり、今回滞在できるのはその一室。


ふすまを開けると石が敷かれた小さな玄関があり、その先にお部屋があります。


どうでしょう。少しはイメージが湧きましたか?

テーマは「京都にある自分の家」。京都という非日常を過ごしながらも、自分の部屋のようにリラックスできる空間を目指しました。

こちらのお部屋も本館のコワーキングやキッチン、コインランドリーや水回りを含め共有部分が全て使えます。

難点としては本館から離れている分、少し不便を感じる場面(特に寝る前のシャワー)があるかもしれません。別館にもトイレ・ミニ冷蔵庫・電子レンジはあります。
ですが、仕事場とプライベートのオン・オフをしっかりと分けたい方にはより良い環境です。(個人的には、いっそのこと徒歩5分の場所にある銭湯通いをおすすめしたいです!)

 

1ヶ月のお値段

家賃50,000円+共益費5,000円
オープン記念価格!

※家賃にはコワーキング月額会費11,000円/1人が含まれています。
※1ヶ月以上の滞在も可能です。その日数分を日割りにて計算します。
※契約は賃貸期間が決まっていて更新のない「定期借家契約」とさせていただきます。
※1階には大家さんがお住まいです。

広さ

約8.2㎡(四畳半)

設備

UNKNOWN KYOTO本館にあるもの

24時間使えるコワーキングスペース、シェアキッチン、共用洗面所、共用シャワー、コインランドリー

別館・本池中内にあるもの

共用トイレ、共用洗面所、共用冷蔵庫、共用電子レンジ

お部屋の中にあるもの

シングルベッド、デスク

申込方法

興味を持たれた方は、まずは以下のメールフォームから気軽にお問い合わせください。ご希望の滞在期間の空き状況と総額を折り返しメールいたします。

お問い合わせ・申し込みはこちらから

〜9月末まで満室になりました。10月以降の募集は7月下旬頃に予定しています。

 

シャワーが離れていることさえ許容できれば、本館よりも安くデスクのあるお部屋に住むことができます。(参考:本館シングルルームは賃料61,000円+共益費5,000円、7㎡、デスクなし)

畳の居心地がよく、個人的にも好きなお部屋です。お値段を抑えながらも京都に一ヶ月住んでみませんか?

マンスリーのほかのお部屋はこちら

 

おまけ:こんな京都はいかが?本池中で過ごす滞在イメージ

朝:本池中で起床。ケトルでお湯を沸かしてコーヒーを淹れる。少しだけ鴨川を散歩し、近くのお店で朝食を買う。UNKNOWN KYOTO本館のコワーキングを使ってお仕事。

昼:本館にあるレストランsinでお昼ごはんを食べる。午後は本館の会議室を使ってオンラインミーティング。

夜:ひと仕事終えて、他の滞在者やコワーキング利用者と少しだけお話。晩ごはんは気になる京都のお店に行ってみる。本池中に戻る前に徒歩数分の場所にある銭湯「梅湯」に行き、大きなお風呂とサウナを満喫。

おやすみなさい:本池中の冷蔵庫に入れていおいた飲み物を飲みながら、寝る前のゴロゴロタイム。明日は休日なので、気になる展示を見に行ってみよう!

aboutUNKNOWN KYOTO

UNKNOWN KYOTOは京都・五條楽園に位置する元遊郭建築をリノベーションした複合施設です。宿泊施設、レストラン、コワーキングを併設しています。

webサイトトップへ

おすすめ

過ごし方

プレスリリース

UNKNOWN KYOTO BLOG トップへ