UNKNWON KYOTO

京都五條楽園の食事ができて働ける宿泊施設
元遊郭建築をリノベーション

<京都>五條楽園エリア再生ファンド
投資する?皆さんからの疑問・質問にお答えします!

エンジョイワークスの濱口です。UNKNOWN KYOTOにおける、さまざまなチャレンジの中でもコアになっている取組み、ハロー!RENOVATION「五條楽園エリア再生ファンド」。

これまで「投資型」クラウドファンディングってどういうこと?などをこのブログでも解説し、イベントでもご案内してきていますが、その中で、皆さんから出てきている疑問・質問について、お答えしていきたいと思います。

何のこと?という方は、まずはこちらをご覧くださいね。
ハロー!RENOVATION「五條楽園エリア再生ファンド」
https://hello-renovation.jp/renovations/3428

A:はい。一般的には長いですが、必要な長さと考えています。

他のクラウドファンディングサービスと比較すると「5年間」は長い方だと思います。投資いただいたら、原則、運用期間は払い戻しができない仕組みでもありますので「資産の流動性」という観点ではデメリットかもしれません。

私たちが目指しているのは「お金だけ」ではない、投資参加の仕掛けです。特に大事にしているのは、事業へのより深いコミットです。「コリビング施設」という新しい場づくりや「五條楽園エリア」全体のまちづくり、それらを皆さんと一緒に成長させていきたいと考えています。5年間は、事業の進化をともに歩むための期間と考えています。

A:あります。

あくまで「投資」ですから、事業が立ち行かなくなった場合など、投資いただいた金額(元本)が減額、あるいはゼロとなる可能性はあります。

では、仮に売上が想定を下回ると、そのまま元本にも影響があるのかと言えば、そうならない仕組みになっています。このファンドは運営事業者(UNKNOWN京都有限責任事業組合)が皆さん(匿名組合)に支払う賃料が

利益と出資金返還の原資になるため、売上や収益に直接は連動しない仕組みです。

また今回のプロジェクトが3社(株式会社八清、株式会社OND、株式会社エンジョイワークス)で進めている点も、リスクを軽減する要素になります。事業が立ち行かなくなるリスクには、関係する事業者の倒産リスクも含まれますが、3社の共同プロジェクトで進めている点は安心ポイントとお伝えすることができます。

A:運営者が残額を出資して運用を開始します。

通常、ファンド運営者と事業運営者の協議により、残額を出資して運用をスタートするか、プロジェクトを中止するかを判断します。今回のプロジェクトについては、関係3社の協議により、既に残額を出資して運用をスタートすることを決定しています。

A:後継ファンド募集(リファンド)を行うか、ファンド事業者自身が引き継ぐか、運営実績等からファンド事業者が判断します。

運用期間の5年後以降も、事業は継続する計画です。皆さんからの投資でスタートする事業も、5年後にはその期間の実績ができます。改めて募集金額・想定利回り・運用期間等の設定を組み直したファンドとして後継ファンドを募集させていただく予定ですが、ファンド事業者が自身の勘定で引き継ぐ可能性もあります。ファンド事業者と運営事業者で協議の上、ファンド事業者が判断いたします。

なお、今回のプロジェクトは賃貸オーナーである建物所有者さんと工事期間も含めて11年間の定期借家契約を結んでおり、その期間における事業計画を組み立てています。この契約のもと、ファンド運用期間以降も事業を継続することになり、加えて相当な理由がない限りは、期中で賃貸借契約が切られることでの事業中止もないと言えます。

A:耐震改修工事済みです。

事業が続けられないリスクとして、建物自体が使えなくなるリスクが挙げられます。各種災害等への対策として、適切な火災保険に加入することは前提として、さらに今回の建物では古い京町家建築を保存しながら、耐震改修工事も済ませた状態で、物件をお借りしています。

今回のプロジェクトは、賃貸オーナー(建物所有者)さん側も、この建物が将来にわたり残り、かつ活用されること、さらには地域においても好影響を与えるような施設になることを望まれてスタートすることができました。そのためオーナーさん側が主体となり、京町家保存を得意とする専門家に耐震改修計画を依頼され、通常木造住宅では検討しないような複雑な構造計算を行った上、京町家の伝統構法に倣った昔ながらの土壁をつくり直すことを中心に耐震性を確保しています。

※出資に際しご負担頂くのは出資金額のみで、それ以上の支払は発生しません。出資金から管理報酬を年度毎に、その他銀行手数料等をご負担頂きます。

※事業の状況により、利益の分配が行われない可能性及び返還される出資金が元本を割る可能性があります。詳しくはハロー!RENOVATIONの「ファンド情報」から内容をご確認ください。

株式会社エンジョイワークス 

不動産特定共同事業者[神奈川県知事 第9号]

※本ファンドにおいて、株式会社エンジョイワークスは、当事者として不動産特定共同事業法第2条第3項第2号の匿名組合型契約を出資者と締結します。

UNKNOWN KYOTO BLOG トップへ

クラウドファンディング
実施中!

UNKNOWN KYOTOでは現在、投資型のクラウドファンディングを実施中です。

クラウドファンディングへの参加や詳細はこちらから

クラウドファンディングページへ